FC2ブログ

四月の俳画   「三つ葉芹とイタリアントマト」

三つ葉ぜりとイタリアントマト2(合成Arc修正)_convert_20190421210928


    一つ聞き 二つ忘るる 朧の夜

街の風景   「東京駅北口」

東京駅北口(合成Arc修正)_convert_20190417220803

   東京駅北口

続きを読む »

四月の俳画   「落花」

落花1(合成Arc修正)_convert_20190413182638

  
    春雷の ひとつに宴 しづまれり


季節の風景   「川面の桜」(2)

恩田川の桜(上流)(合成Arc修正)_convert_20190412175251

   川面の桜(2)


季節の風景   「川面の桜」(1)

恩田川の桜(下流)(合成Arc修正)_convert_20190411203150

   川面の桜(1)


季節の風景   「新宿御苑の桜」

新宿御苑の桜と台湾閣1(合成Arc修正)_convert_20190410180520

   新宿御苑 日本庭園の桜

続きを読む »

季節の風景   「砧公園の桜と東屋」

砧公園の桜と東屋(合成Arc修正)_convert_20190409112105

   砧公園の桜

続きを読む »

四月の俳画   「猫の目覚し時計」

猫の目覚し時計5(合成Arc修正)_convert_20190405133254


   新入生 肩に未来と ランドセル

春の風景   「春の水車小屋」

寺家の水車小屋(H31年)(合成Arc修正))_convert_20190331100133

   春の水車小屋

三月の俳画   「立金花(りゅうきんか)」

立金花(合成Arc修正)3_convert_20190326224516


   囀に 色をつけなば 浅葱色(あさぎいろ)


三月の俳画   「プリムラポリアンサ」

プリムラポリアンサ(厚枠合成Arc修正)_convert_20190325175221


     新しきシャツ 三月の膚(はだ) 生(あ)るる

街の風景   「根津神社楼門」

根津神社楼門(合成Arc修正)_convert_20190316220643

   根津神社楼門と奥の唐門、社殿を描いた。右側の銀杏の木の奥が神楽殿で、前回の「根津神社境内」は社殿の向かって右側から神楽殿と楼門を描いた事になる。楼門の左側斜面は沢山のつつじが植えられていて、4月下旬から5月初旬にかけて「つつじまつり」は参拝者で賑わう。

三月の俳画   「芽吹き」

芽吹き(合成Arc修正)_convert_20190312195832


   春の波 光を乗せて はずみ来る


街の風景   「根津神社境内」

根津神社(合成Arc修正)_convert_20190307102400

   根津神社(東京都文京区)

三月の俳画   「貝雛」

貝雛(合成Arc修正)2_convert_20190302102441

 海を恋ふ 夜を長くし 貝雛(かいびひな)

俳画は句と絵の内容を違えて描くことになっています。しかし国内外の年中行事の時は句と絵は同じ内容で描いて良い とされています。今回は雛祭りの貝雛ですので絵に沿った句を詠んでみました。貝雛の大きさは蛤程度のものですが判り易いように少し大きく描いてあります。

腰越漁港

腰越漁港(合成Arc修正)_convert_20190226214651

    腰越漁港

二月の俳画   「浅春」

ペアコーヒーカップ(合成Arc修正)_convert_20190222172149

   顔出して 辺りうかがふ 蕗の薹


こどもログハウス

こどもログハウス_1(合成Arc修正)_convert_20190218173132

   こどもログハウス(横浜市都筑区鴨池公園内)

このログハウスは公園の傾斜地に建っていて新緑の頃は木漏れ日が綺麗なスケッチポイントだ。近くを通ったので立ち寄って見たがまだ裸木が多くて春の気配は感じられなかった。子供達の歌声は聞こえて来たものの外で遊ぶ姿は見られなかった。

二月の俳画   「金縷梅(まんさく)」

金縷梅(まんさく)1(合成Arcs修正))_convert_20190212212311

   春来(きた)る 重き扉の 開くごとく

街の風景   「JR原宿駅」

JR原宿駅前(合成Arc修正)_convert_20190210143827

神宮橋交差点近くの歩道からJR原宿駅を描いた。原宿駅は1924年に竣工した都内唯一の木造駅舎でクラシックな外観をしていることから描いてみたいポイントの一つだった。しかし場所が表参道と竹下通りの間という事もあって人通りが多く、長い行列が続いていてなかなか落ち着いて描ける場所が見つからない。ところが来年のオリンピックに向けて古い駅舎の取り壊しが近いうちに始まると聞いて「贅沢は言っていられない」と急いで描いた一枚である。


季節の風景  早春(寺家ふるさと村)

早春(寺家ふるさと村 合成Arc修正)_convert_20190206211020

   早春(寺家ふるさと村)

立春の日は朝から暖かく風もなかったので久し振りに寺家ふるさと村に出掛けた。立春とは言っても暦の上の話と思って描き始めたが、裸木の枝の先がかすかに薄い緑色になっている事に気が付いた。季節の移り変わりに気付かなかったけれど春はすぐそこに来ているのだと実感した。

二月の俳画   「狐の御面」

狐の御面(合成Arc修正)_convert_20190202100815


   初午や 岸辺の苞の まだかたし

     初午:二月になって最初の午(うま)の日。今年は二月二日です。
         この日に行われる稲荷神社の祭りを初午祭と云い、神の使い
         とされる狐に油揚げやいなり寿司を供えます。
     

季節の風景   「冬のせせらぎ公園」

冬のせせらぎ公園(合成Arc修正)1_convert_20190129220620

   冬のせせらぎ公園


季節の花   「シクラメン」

シクラメン(合成Arc修正)_convert_20190124212753

    シクラメン

一月の俳画  「塩甕(しおがめ)とスダチ」

塩甕(しおがめ)とスダチ(合成Arc修正)_convert_20190119125045

   女正月(めしょうがつ) 木綿のやうな 日の続く

塩甕: 昭和の時代、祖母の台所には塩が入ったこんな甕がありました。
スダチ:秋に収穫したスダチを冷蔵保存したものが、11月~2月にかけてこんな色をして販売されています。


冬の風景   新宿御苑の芝生

新宿御苑の芝生(合成Arc修正))_convert_20190114211406


新宿御苑の景色を描くと必ず遠景にビルが入ってしまうが、私は南側にスクッと聳え立つドコモタワーが好きだ。陽が西に傾く頃には樹々の影が広い芝生に長く伸びる。左側のヒマラヤ杉と右側のユリノキの巨木の間にドコモタワーを入れ、芝生に伸びる樹々の影を描いた。


冬の風景   新宿御苑

新宿御苑情報センター(合成Arc修正)_convert_20190110165559

新宿御苑   新宿門左手にある青い屋根の建物が気になっていていつか描いてみたいと思っていたが、沢山の来園者で混んでいて諦めていた。今回は正月休みの早朝で人影もまばらだったのでゆっくり描くことができた。建物の名称は「新宿御苑インフォメーションセンター」で主に外国人などに対する案内所だった。


冬の風景  「皇居東御苑」その2

皇居東御苑2(合成Arc修正)_convert_20190106104142

皇居東御苑   雑木林と二ノ丸休息所

一月の俳画   「新年」

富士山年賀ブログ(合成Arc修正)_convert_20190102113146


   かしわ手の 一拍ごとに 淑気満つ

四季折々の風物を詠みながら、簡潔で余白を大切にした絵を描いていきたい
と思います。本年もよろしくお願いします。


街の風景   「初冬の皇居東御苑」

皇居東御苑1(合成Arc修正)_convert_20181230104416

   皇居東御苑(正面は諏訪の茶屋)

「水彩スケッチと俳画」ブログを始めてから来年で足掛け3年になりますが、まだまだ中身が充実しているとは言えない状況です。それでも毎日ブログを訪問して下さっている方が十数名いらっしゃることに感謝申し上げます。来年は自分達でも納得できる作品をアップできるように頑張りたいと思います。それでは皆様良い新年をお迎えください。

十二月の俳画   「クリスマス・イブ」

クリスマスプレゼント(合成Arc修正)1_convert_20181222173553


   睡魔には かてずねむりし 子の聖夜

秋の風景   「箱根仙石原のすすき」

箱根仙石原の風景(合成Arc修正)_convert_20181219104557

   箱根仙石原のすすき

街の風景   「初冬の赤煉瓦倉庫」

赤煉瓦倉庫(合成Arc修正)_convert_20181214223836

   赤レンガ倉庫(横浜)

十二月の俳画   「クリスマス飾り」

クリスマス飾り(合成Arc修正)_convert_20181209095129

   居酒屋の 三坪に満つる 聖歌かな

秋の風景   銀杏並木(横浜)

銀杏並木(横浜)(合成Arc修正)1_convert_20181206224112

   日本大通りの銀杏並木

秋の風景   公園の木々

砧公園の秋景(2018年)(合成Arc修正)_convert_20181202182501

   砧公園の黄葉

秋の風景   鎌倉浄智寺境内(2)

鎌倉浄智寺ー2(合成Arc修正)_convert_20181129212935

   浄智寺境内(その2)

前回の作品(浄智寺境内1)の山門を入って右側の建物ともみじを描いた

秋の風景   鎌倉浄智寺境内(1)

鎌倉浄智寺(合成Arc修正)_convert_20181125220841

北鎌倉  浄智寺境内

今年の鎌倉は塩害のためか、紅葉の色が鮮やかでないのが残念。

秋の風景  箱根(2)

元箱根の杉並木と赤い鳥居2(合成Arc修正)_convert_20181122213351

   元箱根 杉並木と赤い大鳥居


十一月の俳画  「菩提樹の実」

菩提樹の実2(合成Arc修正)_convert_20181117221001

   綿蟲の いのちの色の 漂へり
 

十一月の俳画   「黄花コスモス」

黄花コスモス(合成Arc修正)_convert_20181113093123

   小春日や 皮フ科の女医の 手の美(うま)し

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

秋の風景   水車小屋

登山鉄道脇の水車小屋(合成Arc修正)_convert_20181110214053

   木漏れ日の中の水車小屋


続きを読む »

秋の風景   明治44年記念館(旧‐軽井沢郵便局)

軽井沢明治44年記念館(合成Arc修正)_convert_20181106171319

   明治44年記念館(明治44年に建設された旧‐軽井沢郵便局を移設したもの)

秋の風景   湖の木橋

素朴な木橋(塩沢湖)(合成Arc修正)_convert_20181102172544

   塩沢湖の島に掛かる素朴な木橋


十月の俳画   「風炉名残(ふろなごり)」

風炉名残(合成Arc修正))_convert_20181029152647

   露寒し 廊下の足音(あのと) 硬きかな


風炉名残(ふろなごり): 去りゆく秋を惜しんで十月中に催される茶会のこと。
釜鐶(かまかん): 黒い鉄の輪で茶釜の両端に取り付けて釜の上げ下げに使う。

高原の秋(2)

軽井沢タリアセン(2)(合成Arc修正)_convert_20181025213726

   軽井沢タリアセン 「睡鳩荘」

続きを読む »

高原の秋(1)

軽井沢タリアセン(1改)(合成arc修正)_convert_20181022214904


     高原の秋(軽井沢タリアセンにて)

続きを読む »

十月の俳画    「コスモスの花」

赤とんぼ(コスモスの花)1(合成Arc修正)_convert_20181018111641


   赤とんぼ とまれば時の 止まりをり   
  

季節の風景   「はざ掛け」

寺家ふるさと村のはざ掛け(合成Arc修正)_convert_20181011221246

    はざ掛け(寺家ふるさと村)

続きを読む »

十月の俳画    「美男葛の実」

美男蔓の実(合成Arc修正)_convert_20181007222758


   鵙(もず)猛けて 午後のまどろみ 切りさかる